Img_d461e86318facf488e10026155499418
Img_76dc47be1d7cf2538910affaba85d9e8
Img_b07ce5c387bb056aacaef2b851c25a9a
⇧こちらは創刊号&第2号



創刊号で表紙、第2号で子規庵&その周辺の地図を描かせてもらった
俳句雑誌『Ku+』クプラスの第3号がやっと出た!と思ったら
WEB掲載だった。そして、早くも最終号だとー。

 (Click!) 

さて、その最終号では、特集「ピッ句の野望」で俳句に絵をつけました。
なんでも、「ピッ句」というのは、
「ピクチャーと句の結合、新しい俳画の試みの名称」
ということで、「新しい俳画」を描かねばならない。
わたしは、依光陽子さんの俳句の担当になった。

 (Click!) 

「あたらしい」を考える余裕はなく、ひたすら絵を探る。
あたまの中は硬い粘土のようだ。句を何度も眺めてこねる。
やっと柔らかくなったところで、絵の具をいじる。
(あれ?粘土はどこへ)
何枚もあれこれして、これかしら、というの見つける。

見つけた!とおもったものは、実はそうじゃないのかもしれない。
そのままの景色で、そのままの鑑賞かもしれない。
あたらしくなんか全然なくて、古い絵かもしれない。
もっと粘土をこねよう。

俳人の方々の座談会を読んで、そうおもった。

Img_106625ffc61b95fd18e33f1a7560114e
オレンジページnetで展開中の
オレンジページ×パナソニックの企画
『おいしい7days』のプロップスを制作しました。

プリントアウトして、切って、貼って、立体に
したら、お料理と一緒にパチリ!と写真に撮って
インスタグラムにアップしてみてくださいね。

(な〜んて、使い方よくわからないまま作ってます。ははは)

詳しくは
 (Click!) 
Img_f426966b2c8678b52483633f13aaebe4
Img_a7924f5708b1834cee15e085a19715c9
Img_697e2c6f3bba4468a8795965765b3bf5
Img_967fd55de23a6787a92345dabaf90137
Img_2f0c9bcef61c13426968dc1caa110b01
Img_10e850836d533d5f98ff7f04c39033a8
Img_5ce64b5b11be30dfc67bbc50b2b396fa
Img_e03ca78dac797123bcd75bb1e17c3e57
Img_1e51312abc7a1abfa8b8559c73a149da
婦人公論の本 vol.7
ご機嫌な毎日を送りたい!「感情を整えるレッスンBOOK」の
あちこちに絵を描きました。
Img_0f827b686efba7b5665f0f73901707b7
Img_ab14574e719bd972526d3dadc6788825





NHK俳句のテキスト4月号からはじまった
堀本祐樹さんの「ひぐらし先生の俳句指南」の絵を担当します。

堀本祐樹さんはわたしの俳句の先生です。
連載のひぐらし先生はおじさんだけど
ほりもと先生は7つ年下の爽やかな好青年(と言っても四十代だ)で、
今注目の俳人の方です。月に一度の「かもめ句会」でお目にかかります。

「あゆ美さん、最近忙しいの?」
「もう、ぜんぜ〜ん。先生、仕事あったらよろしく〜」と
いう会話を覚えてて、ご指名してくださいました。

この4月号には、入選した「薄氷」の句も載っているので
読者のひとに、もろもろ癒着しているのでは?と疑われそうで
ちょっと心配ですが、入選は自力ですから!(って、先生言ってくれたし)

参加予定だったギャラリーnowakiさんでの
【展覧会〜絵本「こけしのゆめ」をめぐる想像と創造〜】
諸事情により開催されないことになりました。
残念!!